肝炎ウイルス

肝炎ウイルスは沢山種類があってA型・B型・C型・D型・E型が今のところあるようです。

A型とE型は経口感染が主な感染源で飲み水や食べ物から感染します。

感染の後は風邪のような症状や嘔吐や黄疸などの症状が出るようです。

A型の場合はワクチンがあるので摂取によって予防をすることが出来ます。

また現在の日本で感染することは珍しく主に海外で生活した経験のある人が感染する場合が多いようです。

症状の度合いにもよりますが回復までに数週間から数ヶ月かかる場合があります。

B型やC型肝炎ウイルスの場合は血液や体液感染になります。

B型の場合安静にしていれば2~3ヶ月で自然治癒する場合が多いんですが重症化した場合は肝臓移植を必要としていて移植しなければ死に至る確率が高くなります。

B型の場合はワクチンがあるので予防することは可能です。

C型の場合は症状は軽いんですが慢性化率が60%~80%で肝硬変から肝臓ガンになる確率が高いそうです。

エイズに似た感染源で特別な性行為を行った場合にも感染する可能性が高くなるそうです。

またC型にはワクチンは今のところありません。

予防としては経口感染の場合は手洗いをする習慣を付けること。

料理は良く加熱することなどです。

体液・血液感染の場合はカミソリや歯ブラシの共有はしない。

洗濯物も気をつけた方が良いようです。

肝炎ウイルスは私たちが気付かないうちにかかってしまう場合が多いです。

輸血などで感染して問題になっていますが普段の生活でも感染リスクがあることを知っておく必要がありますね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-