ノーベル化学賞

2019年の今年も日本人からノーベル賞の受賞者が出ましたね。

吉野彰さんで旭化成の名誉フェローということです。

今回はノーベル化学賞でリチウムイオン電池の開発者だそうです。

今回はマスコミもノーマークだったらしく速報でいきなり飛び込んできましたね。

でもリチウムイオン電池というと世の中を大きく変える可能性を持った素材ですよね。

パソコンがスマホの大きさに出来るのもこの電池のおかげです。

小さい電池に十分な電気を貯めることが出来るのがこの電池の特徴ではないかと思います。

この電池のおかげで電気自動車も出来るし蓄電池も現実的になってきてるんですよね。

久々に身近なものから日本のノーベル賞受賞者が出た感じですね。

電池の世界はまだまだ発展途上段階ですがこの電池を基本にもっと発展していくんじゃないかと思いますね。

住宅のエネルギーの問題や車のエネルギー源を大きく変える可能性を持っているのでまだまだ発展させて欲しい分野ですね。

本人も欲しかったけどまだ現実味がないらしく新聞や報道で現実味を感じている様子でしたね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-