ラグビー ノーサイド

あらためてラグビーを経験していて良かったと思う事があります。

スポーツにおけるノーサイドの精神ですね。

今回日本でワールドカップが行われてまたその精神が日本で随所で見られて海外でも話題になってるようです。

ラグビーがまだプロ化していないときはその精神は選手たちに受け継がれその姿に感動してラグビーを始めた記憶がありましたが各国がプロかを始めると最近はかなり薄れてきてたようです。

日本ではまだ企業選手が多いのでまだまだノーサイド精神が残っているのでここまで各国に取り上げられているんだと思います。

個人的にはスポーツにおいてはラグビーだけでなく全てのスポーツでこの精神を持って欲しいなって思います。

サッカーなんかは戦争になった事もあったようですがそれはもってのほかですね。

別に殺し合うためにやってるわけではないんで。

また日本人にはこの精神がフィットしてるように思います。

サッカーでも観客が試合後の競技場のゴミ拾いをして話題になりましたがこれもノーサイド精神と同じ考え方だと思います。

今回のスコットランド戦の後に勝った日本代表が花道を作ってスコットランド選手をたたえ合ったというネットニュースを見てもっともっとこの精神がスポーツに浸透して欲しいなと思いましたね。



楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-