北陸新幹線

北陸新幹線のダイヤが2週間ぶりに復帰できたようです。

ニュースでもみどりの窓口に並ぶ長い列が話題になってましたが車両基地で水につかっている新幹線の姿は衝撃でしたね。

使ってしまった新幹線車両は使うことが出来ないようなので新たに製造する必要があるようですが全てが特注の装備らしく出来るまでには最低1年が必要だそうです。

以前のダイヤに完全の戻ったわけでは無く金沢東京間をとにかく優先して復活させたという印象でしょうね。

車両はJR西日本・東日本併せて10編成がダメになったんですがおそらく地域間を往復させている車両を金沢東京間にまわしたそんなダイヤ復活なんでしょうね。

JR東日本の別の新幹線車両で代替えする案もあったそうですが新幹線はそれぞれが専用の作りになってるようで問題があったからでは別の型の車両を導入するというわけにはいかないんですね。

この部分は地域によってJRが分かれて運営しているデメリットの部分ですね。

昔の国鉄であれば全国どこに持って行っても使えるように車両を作っていたはずですね。

災害はどこでどんなことが起こるのか予知できません。

会社や人間側が予防方法を考えておくしか無いんだからJR全体で車両開発時における共通事項をもっと入れておく必要がありますね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-