東京五輪 マラソン

2020東京五輪のマラソンと競歩の会場を札幌にするといういきなりの案に揺れてますね。

2020大会は期間が7月24日~8月9日真夏真っ盛りで東京に決まった当初から暑さの問題が指摘されていました。

そのために道路の舗装や競技時間を早めて午前中に終わるようにするとか工夫案は考えられていた物の最近行われたドーハでの陸上マラソン競技で棄権者が続出したことでオリンピック委員会も問題視し始めたって言うのが現状でしょうね。

1964年の東京オリンピックは期間が10月10日~10月24日でした。

この時の東京でも秋に開催していたことを考えると今の東京で夏にマラソン競技などを行うのはやはり無謀なような気がしますね。

2020東京五輪が決まった段階で別の場所を考えるべきだったんですが東京で全てを行うことにこだわったのが今の結果を招いていますね。

2013年に東京に決定した当初は2011年に起きた東日本大震災の復興も考えてオリンピックを遂行するようなことを言ってたような気がするんですが私の記憶違いでしょうか?

東京都が独り占めしようとした結果ですよね。

今の小池知事が今の流れを作ったのでは無いんですが実際お金や時間を道路などに投資してるので引くにも引けないところでしょうね。

ただ専門家の間にも道路の舗装の件は問題が指摘されていて熱を反射する舗装なんですよね。

ということはランナーが一番暑く感じる顔付近は温度が反対に高くなるのではという指摘がありますね。

暑さ対策の効果があるかどうかは少し疑わしいですね。

今のところの見解ではオリンピック委員会がもう札幌に決めたと行ってますからマラソンと競歩は東京では行われないでしょうね。

後はお互い引きどころ探してるってところでしょうかね~。

とにかく競技に関しては選手ファーストでお願いしたいですね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-