脱税 申告漏れ

脱税と申告漏れどちらも似たようなニュアンスだと思うんですが税務署側から考えたときは違った問題になるようです。

チュートリアルの徳井義実の申告漏れの件は数年間申告をしないという期間があったにもかかわらず申告漏れというミスで処理されています。

かたや青汁王子こと三崎優太の場合脱税と言うことで懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受けているんです。

この2つの違いってなんかあるんでしょうかね?

青汁王子の件を中心に考えると徳井の行動も何年も申告をしていないので意図的にしていなかったことになり有罪になってもおかしくありません。

徳井本人が記憶を無くしてしまう何らかの病気が原因でこのような無申告の状態が続いたと言うことならば別ですが今のところそんな診断が出ているわけでも無いんですから1度ならず2度3度と無申告をしていたので意図的ととらえられてもおかしくないと思います。

反対に徳井の申告漏れの件を中心に考えると三崎優太の件は申告漏れでは無いでしょうか?

会社の経費を本人は経費と行っても税務署からは否定される場合は多々あると思います。

それをもってして脱税とは言いがたいと思うんですね?

でも三崎優太の場合はその件で一発脱税となってる。

素人目に見ても徳井の件の方がどちらかというと悪質に見えるんですけどね~。

会見で「本人もビックリするほどのルーズさ」って行ってるからってのは言い訳にならないですよね?

何が言いたいかというと税務署によるダブルスタンダードが少し怖いところですね。

自営業をやってると結局税務署の考え方次第なの?って思っちゃう。

この2つの件は法律による整合性がいまいち説明できていない気がします。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-