流行語大賞

2019年の流行語大賞が昨日決まりました。

今年は「ONE TEAM」と言うことですね。

秋のラグビーの大会のインパクトは確かに大きかったと思いますね。

またそれまでそれほど期待されていなかったこともインパクトを大きくした理由の一つですね。

チームを統制していく上で盛んに言われていた「ONE TEAM」が今年の流行語大賞というのはラグビー好きの私にとっても嬉しいですね。

ただ出来ればマスコミも流行だけで終わらせて欲しくないって言うのが本心でスポーツをやる上で「ONE TEAM」という考え方は重要な要素だと思います。

大きなうねりを起こしたという意味では確かに相当する言葉かもしれませんが本来ならスポーツの重要な要素なので引き継いでいって欲しいですね。

こういう風に考えると一年の後半に流行った言葉の方が有利ですよね。

ラグビーは秋だったので特に印象に残ってたと思います。

トップ10に入ってる言葉を見ると確かにめぼしい言葉はありませんが・・・・・。

トップ10の中には入ってませんでしたが「上級国民」なんかは入って良さそうなもんですけどね~。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-