相続登記 義務化

土地など不動産の相続登記が義務化されそうです。

来年の秋をめどにしてるということです。

登記は司法書士などによって文章化され誰の持ち物かを証明するものです。

土地を売買するときにも登記をしてなければ名義を移動することが出来ません。

ただ相続が発生したときにはその不動産が登記されていなくてもその前の分割協議書があって無くなった人の所有と言うことが認められれば所有権を移動することは可能です。

ただこれは凄くリスクが高くて分割協議書が無くなっていたら誰の所有かわからずその前の相続人に遡って確認を取らないといけないのです。

2代前と言うことになるのでその本人が亡くなっていればその子供一人一人に確認しなければいけません。

そうなることを防ぐために相続時の登記の義務化なんですね。

現在このような理由で塩漬けになってる土地も多いと言うことなので少しでも解消出来るようにと言うことなんでしょうね。

悪いことではないと思いますがここで問題が。

とうきするには司法書士と登録料?だったかな?法務局に支払うお金が発生します。

司法書士は作業をしてもらうので報酬を払うのは当然なんですが登録料はもっと減額すべきです。

そうすれば登記費用も安く出来ます。

登記を避ける原因の一つには料金が高額になることもあるんですね。

秋をめどに義務化するんなら料金のことも是非考慮して欲しいです。



楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-