しめ縄

しめ縄は日本人ならわかってると思うんですが稲わらわらで出来ています。

特に神社のしめ縄は大きくて重くて扱いが大変なので扱いが簡単な合成繊維に変ってきてるということです。

また長持ちするので初期費用はかかりますがそちらの方が手間や労力もかからないと言います。

しめ縄と言えば神社ですが今神社は人手不足と後継者不足で大変なんでしょうね。

ただしめ縄だけは出来れば稲わらでそして手作りで作って欲しいですね。

風化したり劣化したりするところが良いところだと思うんです。

素材が合成繊維で出来ているしめ縄の下を通るのはちょっと嫌ですね。

稲わらも今の稲刈りではコンバインという機械で稲刈りをするんですが裁断して細かくし土にすき込んで肥料の一部として使うようにするんです。

なので確かに調達先は少なくなってるのかもしれません。

でもまだまだ米を生産してるところはあるので生産者から契約して確保するという方法があると思います。

出来ることなら日本が昔からやっている風習は変えて欲しくないですね~。



楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-