コンテイジョン

コンテイジョンは2011年に公開された映画で新種のウイルスが接触によって次々と感染していくというパンデミックを描いた映画です。

な~んか今の新型肺炎と酷似してますね。

まだ見て無いんですが報道されてる武漢の状況はこんな感じになってるんじゃないかそんな気がします。

問題になってるコロナウイルスは致死率がそんなに高くないのでこの映画のようなパニックになる必要はありませんがかからないに越したことはないので予防のためにも見ておくと良いかもしれませんね。

この映画の中でウイルスの感染地が香港に設定されている所もリアル感満載です。

中国の雑多感はウイルスをはぐくみやすく感じるんでしょうかね~。

リアルで起こっている現状は致死率以外はおそらく似た状況なんでしょう。

この2011年に公開された映画の視聴回数が増えてるところを見るとリアリティーがあるんだと想像できますね。

感染の状況的にはこの映画よりも酷い状況ですね。

日本以外でも人から人への感染も確認され始めているしウイルスが弱くなるまで感染が広がらないと収まらない感じになってきてるのではないでしょうか?

現代は情報があるので予防策もありますが身近に迫ってくることになればある程度覚悟はしないといけませんね。

後はウイルスが変異して致死率を上げないことを祈るばかりです。


楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-