インフルエンザ 流行

例年この時期はインフルエンザの流行期に入っているんですが新聞でも学級閉鎖の記事は見てるんでそれなりに出てるんでしょうけどアメリカのインフルエンザが大変な事になってるらしいです。

予防接種で受けていた型と流行している型が一致しなかったことが原因らしく死者が新型肺炎よりも多くて2万5000人感染者も2600万人と桁違いの流行ですね。

まさしくパンデミックですね。

小さな子供が犠牲になってるのが特徴らしくこっちの方が中国の新型肺炎よりも恐怖を感じますね。

今中国との行き来は制限されているので多くはないですがアメリカとは昨年の訪日客が170万人でアメリカへの出国者は350万人とダントツで多いんです。

また指定感染症や検疫感染症の対象にはなっていないため強制的には行動できません。

またマスコミも多くは報道してませんから日本人も実感していないんでは無いでしょうか?

インフルエンザの場合はワクチンを作るのにある程度の予測で作ってると子らはあるみたいですね。

当然これまでのデータの元にという事でしょうけど。

これが外れるとアメリカのようにパンデミックが起こるというイイ例ですね。

中国の新型肺炎のおかげで国内や国外のインフルエンザの報道はかき消されてしまってますが注意が必要なのはアメリカのインフルエンザのほうかもしれませんね。


楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-