9月入学

学校の休校が続いている影響で学校の9月入学を進めてはどうかという議論が熱を帯びてきてます。

場当たり的な考え方のような気がしますが発言してる内容から今年からやれば良いみたいに言ってる人と将来的な議論の一つとして言ってる人との2つの議論になってるところがきちっと線引きされていないように思えます。

正直な話今年がこんな状態だからと言っていっそ9月入学にしてしまえばという意見はちょっと拙速で実現が難しいところ。

社会の仕組みを大きく変えてしまう事となるのですぐに決めれることでは無いような気がします。

学校だけ9月にして会社入社は4月という方法で行くのであれば学校側だけの改革で済むのでまだ少ない変革で済みますが。

それでも4月に合わせて色んな準備をしている所が9月にシフトするので大変な事と思います。

それと議論の中で海外が秋入学が主流という事で9月入学を勧めるというのがありますがこれはちょっと違うと思います。

入学時期を変えたからと言って欧米に追いつくとか並べるという考え方はおかしくて欧米に追いつく並ぶためには英語を理解し話せるようにならないと無理ですね。

この論点は考え方がずれてるような気がします。

9月入学に関しては県知事などが賛成しているのが多く見受けられますがこのどさくさで変えるというのは酷すぎますね。

特に今年最終学年の子供たちはスポーツもダメになって学年開始時期も変更されるとふんだりけったりですね。



楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-