コロナ 自宅療養

新型コロナに感染した場合基本的には軽症重症問わず病院へ入院かホテル療養になるはずなんですが実際は23%の人が自宅療養になっていると言うことです。

4月23日の時点で感染者全て看護体制がある施設に入ることになっているはずなんですが進んでいないようですね。

これは何を意味してるんでしょうね?

国が言ってることを地方が実行していないと言うことなのかそれとも現状動いてはいるけれど追いついていないのかどうなんでしょう?

軽症者が自宅療養になると思うんですがこの場合買い物などに出歩く可能性があります。

また反対に症状が急変することがわかってきてるので自宅療養は非常に危険です。

特に一人暮らしの場合容態が急変して体が動かなくなった場合その場で苦しみながら死を待つしか無くなるので怖いですね。

感染者の症状具合がテレビでもやっているので携帯を話せなかったとか友達などに定時に連絡を入れてもらうようにしていたとか対策をしておかないと怖くて仕方ないそうです。

また家族が同居している世帯でも家庭内での感染のリスクがあります。

家族が感染してしまうと順次家庭の感染解除できる日が延びて行ってしまいます。

このウイルスは濃厚接触では防ぐのが非常に難しいので家族と同居の自宅療養の場合は家族感染の可能性が高くなってしまいますね。

病院の病床数が限られていて協力してもらえるホテルも見つからない場合は確かに難しくなってくると思うんですがここは行政が早く見つけて対応する必要がありますね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-