種苗法改正案

新型コロナで人々が混乱しているさなかに法案を通そうとしているモノがいくつかあって検事総長の定年延長の議論もそうでしたがこの種苗法改正案もその一つ。

検事総長の件もそうでしたがこの種苗法の件も芸能人のSNSの発信によって阻止されそうですね。

種苗法改正案に関しては直接関係する人が日本の場合そういない状態なので理解しにくいのが現状なんですね。

立場を変えてみると改正法は確かに理にかなってると思えたりもするんですが。

近年では日本のブランド食物が世界で人気になってるんですが中国や韓国で勝手に日本のブランド食物を作って売っているそういうことを阻止するために今回の改正法案を提出しているというのが政府側の言い分。

ただ問題点があって視点を国内に移すとこの法案が通ってしまうと農家は常に種を買う必要が出てくる可能性があるということです。

ブランド食物と似ている食物を作っていても常に訴訟を起こされるリスクがついて回る可能性が出てくるので常に種を購入しないといけなくなる。

そうすると種を作っている会社に食物を牛耳られてしまうことになるので国の食糧自給率さえも種企業に握られることになるのではという恐れがあるため芸能人がSNSで改正法に反対を発信したというのが今回の件のようです。

確かに今の食物は1つの種で1回のみの生産に固定されている食物が多いんですね。

消費者は知らない人が多いと思いますが。

かなり種によって食物はコントロールされているのが現状です。

この種のコントロールは本来であれば国が主導すべきなんですが日本はそれが出来ていないんですよね。

そこに今回の法改正をしてしまうことでもっと企業に有利になる可能性があるのではというのが今回の疑念です。

食糧自給率の大切さをさけばれて久しいですが種をコントロール出来ていないと自給率も何も無くなってしまいますね。

国も企業に有利な法案ばかりではいずれ日本が企業に乗っ取られてしまいます。

そろそろ本当に自立出来る政策を出していく必要がありますね。




楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-