国家公務員法改正案

今回の黒川検事長の賭け麻雀による辞任の件でマスコミは安倍首相の進退を含めた責任論に言及してますがその陰で国家公務員法改正案を廃案としたことは大きな成果だと思います。

なんでここをマスコミは言わないんでしょうね?

これ黒川検事長の件で検察官の定年延長のみの件で終わるのかと思っていました。

それが全ての公務員の定年延長を盛り込んだ法案も一緒に廃案になったという事は相当の手柄ではないかと思います。

反対に言うと検察官の定年延長と公務員の定年延長の改正案は一緒に国会を通そうとしていたという事だったんですね。

危ないところでした。

マスコミのよくある事でぜんぜん違うところで議論を盛り上げておいてもっと大きな議論をしないといけないことが知らない間に国会を通ってるマスコミは何やってるんだって感じになるっていう。

今回政府は公務員の定年延長も見送りでは無く廃案に追い込んだ事は相当大きな成果ですよ。

これを言い出したのは人事院。

消費税が上がった瞬間に定年延長を言い出しました。

なぜか人事院が言い出した事って常に国会を通ってるんですよね。

でも今回はそれを潰したんですよ。

偶然なのか必然なのかわかりませんがこの件はホントよくやったって言いたいです。

公務員は定年延長する必要はありません。

多くの国民はこの先不安に思っていて就きたい職種の一番は公務員です。

そんな倍率の高い職種に良い条件を付加すればますます公務員志望の人が増えてしまう。

今は公務員の待遇は落とす必要があるんです。

これ以上公務員を厚遇する必要はありません。

マスコミももっと的を得た報道に徹するべきですね。

あまりにも外れすぎです。




楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-