キャッシュレス決済

政府の肝いりで始まったキャッシュレス決済の推奨。

キャッシュレスで決済すると5%還元すると言うことでキャッシュレスの推進を期待して消費税を10%に引き上げたタイミングで導入しました。

今月いっぱいで5パーセント還元のキャンペーンが終了予定なんですが一番キャッシュレスで使用されたのはクレジットカードだったという事です(笑

政府としてはpaypayなどの電子マネーなどの伸びを期待していたと思うんですが日本人の特性かどうかは解りませんが今まであったクレジットカードがよく使われているという皮肉。

お隣韓国や中国などから見ればまた遅れてるという烙印を押されるんでしょうかね~。

電子マネーの使い方でもほとんどの方がお金をチャージして使ってる状態なんでこれでは定着しませんね。

クレジットカードのほうが使った分を自分で管理しておいて引き落とし日までに入金確認しておけば良いので電子マネーよりはこちらの方が合理的です。

クレジットカードは今では1枚は持ってるという人が多くて今まで使ってなかったけど5パーセント還元されるんならお得に使おうって考えで使ってるんだと思います。

昔はクレジットカードでも使える最低金額とかありましたが今ではコンビニでのちょっとした買い物でも使えるはずなのでクレジットカードは便利になりましたよね。

それに今の多くの電子マネーの仕組みでは使い勝手が悪すぎて使う気になりません。

財布の小銭が気にならなくなるとか言いますが反対に言うとそれ以外のメリットが見当たらない。

あと電子マネーのハッキングの怖さもあるのかな?

まだそんなに言われてませんが必ず出てくるようになると思います。

もっと電子マネーが使われるようになるとハッキングも怖いですよね。



楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-