出生率 低下

出生率の低下が4年連続らしいです。

先進国によく見られる現象でなかなか増加に転じないんですが最近増加に転じた国はフランスがそうですね。

出生率が低下してると言うことは人口が減っていくということに繋がるんですが人口問題は減っても良いんだって言う人が実際います。

江戸時代は今よりもぐっと少なくてそれでも回っていたと言う人もいます。

明治に入って軍を持ったり労働力が必要になるので子供を多く作るようになった。

その時はみんな貧しい状態だったので子供が沢山いてひもじい生活をしていても苦にならなかった。

第二次大戦後も子供が増えた時期にはやはり家庭の労働力として必要だったため子供を多く作った。

まわりがそれこそ戦後で貧しかったのでひもじい生活が苦にならない。

なので子供を沢山作った。

翻って現代ですが周りを見ると良い生活をしている。

今の収入を考えると子供を沢山作れる状況じゃ無いため1人か2人で止める。

そうすると人口が減っていくんですよね。

我々が子育てする時期から考えても色んな政策が出てきましたがそれでも環境が改善されたとは思えていないって事なんでしょうね。

子供が出来たら一番に心配するのは学歴。

日本は未だに学歴社会なので大学まで行かないと高給にありつけない。

そう考えると3人以上は作れないとなってるんじゃないでしょうか。

理想の子供の数って確か3人ぐらい欲しいって人多かったはずですが現実には2人になる。

また都会のほうでは途方よりも見栄を張らないといけないので1人が限界となる。

そうすると出生率もどんどん減っていく。

また初産の高齢化も出生率減少の原因でしょうね。

年子で子供を作るわけに行きませんから30歳以上で初産だったら3人目の頃には40歳近くになる。

そうすると諦めるでしょうね。

話題にはなるんですが女性が働くようになって初産年齢がどんどん上がってるのも大きいんだと思います。

そうなると女性の働き方に対しての企業の環境変化をもっと起こさないと減少の歯止めはなかなかきかないでしょうね。




ツバメ 巣作り

今の時期はツバメが巣作りに励み出す時期で至る所にツバメが飛び回ってます。

同じ鳥なんでカラスもこの時期でうちにある高い木の所にどうも巣を作ってるらしくよく追いかけられるんです(笑。

こんなカラスにも捕まらないようにツバメも巣作りに励んでますがこれ気を付けないと行けない点があるようです。

一応鳥獣保護の対象動物でその鳥や卵の捕獲及び損傷を法律で禁止してるんですね。

違反した場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金と結構思い処罰が待ってるようです。

巣が作られて雛がかえってしまうとしばらくは糞害に堪えないといけなくなってしまいます。

そのために巣を作られないように大きな目のようなモノをぶら下げたり納屋のような所だとなるべく開けっ放しにしないとかいろいろ工夫しておかないと作られてしまいますね。

親鳥が巣作り場所を探している段階で防がないとあっという間に作られてしまいます。

縁起物だからと寛容に慣れる人はイイですが大概はカラスなどの外敵から守れるような場所を探すので建物の中でカラスが入ってこれないような所に作りますよね。

換気をしようと思って納屋なんかを開けっ放しにしてたら作られてたとか。

作られてしまったら諦めて糞がしたまで落ちないように巣の下に棚でも作るしかないですね。



コロナ プロ野球

プロ野球が6月19日から開幕が決定した矢先に巨人軍選手の感染確認。

しかもそのうちの一人が巨人のキャプテン坂本選手だったと言うことで衝撃が走っております。

ただあまり聞き慣れない微陽性という言い方がされていて陽性のぎりぎりのラインのウイルス量という事らしいです。

先に巨人軍で検査したのは抗体検査をしたらしいのですがその時に以前に感染した事がある人から検出される「IgG抗体」というのが検出されてその後のPCR検査で微陽性という判定の流れのようです。

本院たちも症状が無いのでいつどこで感染したかは解らない状態なんでしょうね。

後この微陽性という状態だと他の人に感染させる可能性があるのかどうか?

もしも感染させる可能性があるんだったらプロ野球の開幕も微妙なところだと思うんですけどね~。

今後巨人の練習試合も出来なくなる可能性が高いですよね。

今濃厚接触者のPCR検査をやってるはずだから結果が出るまでは難しいでしょう。

遡って坂本選手に聞き取りをしてまわりで感染してる人がいないか調査するのも必要ですよね。

Jリーグでも選手の感染が確認されてるしなかなか思うように進まないですがプロスポーツもようやく開催する方向で進んでいるのでここで再び延期にならないように大きな感染拡大が起きていないことを祈るだけですね。

キャッシュレス決済

政府の肝いりで始まったキャッシュレス決済の推奨。

キャッシュレスで決済すると5%還元すると言うことでキャッシュレスの推進を期待して消費税を10%に引き上げたタイミングで導入しました。

今月いっぱいで5パーセント還元のキャンペーンが終了予定なんですが一番キャッシュレスで使用されたのはクレジットカードだったという事です(笑

政府としてはpaypayなどの電子マネーなどの伸びを期待していたと思うんですが日本人の特性かどうかは解りませんが今まであったクレジットカードがよく使われているという皮肉。

お隣韓国や中国などから見ればまた遅れてるという烙印を押されるんでしょうかね~。

電子マネーの使い方でもほとんどの方がお金をチャージして使ってる状態なんでこれでは定着しませんね。

クレジットカードのほうが使った分を自分で管理しておいて引き落とし日までに入金確認しておけば良いので電子マネーよりはこちらの方が合理的です。

クレジットカードは今では1枚は持ってるという人が多くて今まで使ってなかったけど5パーセント還元されるんならお得に使おうって考えで使ってるんだと思います。

昔はクレジットカードでも使える最低金額とかありましたが今ではコンビニでのちょっとした買い物でも使えるはずなのでクレジットカードは便利になりましたよね。

それに今の多くの電子マネーの仕組みでは使い勝手が悪すぎて使う気になりません。

財布の小銭が気にならなくなるとか言いますが反対に言うとそれ以外のメリットが見当たらない。

あと電子マネーのハッキングの怖さもあるのかな?

まだそんなに言われてませんが必ず出てくるようになると思います。

もっと電子マネーが使われるようになるとハッキングも怖いですよね。



バッタ 大量発生

新型コロナの感染で騒いでいるうちにも世界では色んな危機が起こっています。

バッタの大量発生が騒がれ始めたのも同じような時期からでアフリカで大量発生し現在はインドが大変な状況のようです。

このバッタの正体はサバクトビバッタという種類で元来は集団では行動せずに一個体ずつ行動するので問題にならないらしいんですが豪雨などで大量同時孵化すると集団化して凶暴になるらしいです。

外見も緑から黒の縞模様になって脳も大きくなる。

食欲も旺盛で死肉までも食べるようになるらしい。

この凶暴なサバクトビバッタが今インドまで来てて現在インドが大変な事になってるらしい。

今から雨季に入るのでまだまだ繁殖してくると予想されていて国連も注意を喚起しています。

今のところ日本には影響が見られないんですが実は中国の上海でこのサバクトビバッタが見つかっているんですね。

船便のコンテナにくっついてきてたようなんですがこれが繁殖して中国に蔓延すると日本にも飛んでくる可能性が大です。

移動距離は1日に160キロなんですが風に乗ればそれ以上飛べるそうです。

中国も蔓延する可能性は船便のみ。

インドとはヒマラヤ山脈があってそこはさすがに超えてこれないので入ってくるとすると海からのルートのようです。

コロナも怖いですがこのバッタの存在も恐ろしいですね。

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-